FC2ブログ

unemi

こぎん刺し有りマス。 



ハーブ :: 2019/06/21(Fri)

飾ってると根が出てくる
そうなると、捨てられずに土に挿す








こうしてどんどん増えてしまうハーブ。
ベランダに置ききれなくなってしまう~(>_<)

イベントの時に
「ご自由にどうぞ」の里親募集コーナー作ろうかなー。

クラフトフェアでは無理なので、
自分たちでやる、小さなイベントの時にでも・・・



.
スポンサーサイト



  1. 暮らし
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
お迎えしました :: 2019/02/16(Sat)

stainedglass gingaさんのランプ


今では作られていない、古い窓ガラスをアップサイクルしているgingaさん。
「ステンドグラスっていいな~」と、気づかせてくれた作家さんです。

このランプは、去年の秋から気になっていたもので、
古い窓ガラスと、外国のアンティークガラス、
そこに紙もの作家・ユトリコさんの切り絵が入った、スペシャルなもの。


古道具屋さんで見つけた食器棚に
似合うと思ったので、お迎えしましました。


うっとり。。。

壁に映る影も素敵です。

.

  1. 暮らし
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
冬至 :: 2018/12/22(Sat)



弱いけど、家の奥まで入ってくれる
陽の光はありがたいですね。
しかも風も無く、暖かい!
穏やか~な冬至です。





ガーコちゃん模様の織物は、
ポーランド・ヤノフ村の伝統工芸。
ゆるーい雰囲気の絵柄が、ジワジワきます♪





今まで、小さな敷物っていらないと思ってたのです。

でも、こんな感じの敷物、こぎんで作るのもいいかも!

気付かせてくれた
ヤノフ村のおばあちゃん、ありがとう。
手仕事の師匠は、世界中にいますね。


.
  1. 暮らし
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
藍の生葉染め :: 2018/08/16(Thu)

畑の藍がワサワサ伸びてきたので、
剪定ついでに、生葉染めをしました。

去年は手軽な絹糸を染めましたが、
今年は生地染めにチャレンジ!

と言っても、
数年前に豆乳で下処理しておいたリネンガーゼ生地なので、簡単。
濡らしてそのまま染液に浸すだけ。










もうしばらくしたら、
また藍がワサワサしてくるので、
重ねても染めてみようと思います。




.
  1. 暮らし
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
リメイク :: 2018/08/10(Fri)

リメイクずだ袋 (自分用)

「布のいのちを最後まで使い切る」

作家として、
これも提案したいテーマだったりします。

良い生地は
使い込むと『汚い布』ではなく
『味のある布』になってくれるから好きです。



良い生地で丁寧に縫製された服って、
気づけば、軽く10年くらい着ています。

まだまだ着れるけど、
サイズが合わなくなったり
年齢的にムリがでてきたり、、。

でも、生地としては今が最高!
ベストなクッタリ感!

そんな服には、ぜひ第2の人生(布生)を歩んでもらいましょ~

ってことで、
バッグにしたりクロスにしたりと、時々リメイクしてるワケです。

布に対してスパルタともいえますかねー。
「朽ちるまで働けっ!」て。(笑)





使用感=いい感じ
そう思う人(私)用のバッグです。




.
  1. 暮らし
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
次のページ